元理事 “AOKIをスポンサー候補に” 五輪組織委の幹部に紹介か

東京オリンピック・パラリンピック組織委員会の元理事の会社が、大会スポンサーだった紳士服大手「AOKIホールディングス」側から多額の資金を提供されたとみられる事件で、元理事がAOKIを大会スポンサーの候補として組織委員会の幹部に紹介していたことが関係者への取材でわかりました。
元理事は東京地検特捜部の任意の調べに対し「スーツ業界のスポンサーが見つからず、大会収入を増やしたかったので紹介したが、便宜を図った訳ではない」と説明し、不正を否定しているということです。

東京オリンピック・パラリンピックをめぐっては組織委員会の高橋治之元理事(78)側が、大会スポンサーだった「AOKIホールディングス」側からコンサルタント料として受け取った多額の資金が賄賂だった疑いがあるとして、東京地検特捜部が受託収賄などの疑いで捜査を進めています。

高橋元理事は大手広告会社・電通の元専務で、AOKI側は、2017年に元理事の会社とコンサルタント契約を結んでいました。

元理事は大会スポンサーの選定をめぐり、電通出身の組織委員会の幹部に対し、AOKIを候補として紹介していたことが関係者への取材で新たにわかりました。

AOKIは2018年に組織委員会とスポンサー契約を結び、エンブレムの入ったスーツなど公式ライセンス商品を販売するなどしていました。

特捜部は、元理事がスポンサーの選定などでAOKI側に便宜を図った疑いがあるとみて、詳しい経緯を調べているものとみられます。

一方、高橋元理事は、特捜部の任意の調べに対し、「同業他社に断られるなど、スーツ業界のスポンサーが見つかっていなかったので、大会の収入を増やすために紹介した。便宜を図ったわけではない」などと説明し、不正を否定しているということです。