秩父鉄道事故 遮断機下りていなかった可能性 落雷で誤作動か

28日、埼玉県皆野町の秩父鉄道の踏切で、電車と軽乗用車が衝突し運転していた男性がけがをした事故で、目撃者や電車の運転士の証言から当時、遮断機が下りていなかった可能性があることが分かりました。周辺では落雷の影響で停電が起きるなどしていて、警察が遮断機が誤作動した可能性もあるとみて調べています。

警察によりますと、28日午後6時ごろ、埼玉県皆野町下田野にある秩父鉄道の踏切で3両編成の電車と軽乗用車が衝突し、軽乗用車を運転していた44歳の男性が胸の骨を折るけがをしました。

電車に乗っていたおよそ70人にけがはありませんでした。

現場は上長瀞駅と親鼻駅の間にある遮断機と警報機がある踏切で、当時、踏切の反対側から事故を目撃した人は警察の調べに対して「下りていた遮断機が電車が通過する前に上がってしまい、対向車が踏切に入ったところ電車と衝突した」などと話しているということです。

また、電車の運転士も「遮断機が上がっていたと思う」などと話しているということです。

秩父鉄道によりますと、当時、周辺では落雷の影響で踏切の機器に電気を送る変電所が停電と復旧を繰り返していて、現場の遮断機がどう作動していたかについては調査中だとしています。

警察は、遮断機が誤作動した可能性もあるとみて当時の状況や事故の原因を調べています。

踏切近くの男性「当時は雨が強く 雷もすごかった」

踏切の近くに住む男性は「当時は雨が強く、雷もすごかったです。電車が何十分も止まっているのでおかしいなと思ったら事故に気がつきました」と話していました。