パナソニックHD 3か月決算 36%減益 原材料価格高騰が影響

「パナソニックホールディングス」の先月までの3か月間の決算は、原材料価格の高騰などの影響で、最終的な利益が前の年の同じ時期から36%減って489億円となりました。

パナソニックホールディングスが発表した、ことし4月から先月までの3か月間の決算では
▽売り上げは前の年の同じ時期と比べて10%増えて1兆9738億円
▽最終的な利益は36%減って489億円でした。

▽電気自動車の需要が世界的に拡大する中、車載用電池の販売などが好調で売り上げを押し上げた一方
▽半導体不足や原材料価格の高騰などが利益を押し下げ、増収減益となりました。

ただ、先月、中国 上海での行動制限が解除され、生産や物流の体制が正常化してきていることに加えて、製品の値上げを進めることなどで利益を確保できるとして、今年度1年間の業績については、最終的な利益が前の年度から1.8%増えて2600億円になるという見通しを据え置きました。

パナソニックホールディングスの梅田博和CFOは「経営環境は苦しかったが、5月を底に改善している。家電製品は8月から出荷価格を値上げをさせてもらうが、価格改定などを進めて、原材料価格の高騰による影響をカバーしていきたい」と述べました。