原子力の活用 “メリットと課題 両方を把握し議論を” 白書

ことしの「原子力白書」がまとまり、カーボンニュートラルの実現や、エネルギー安全保障が世界共通の重要課題となる中、原子力の活用のメリットと課題の両方を正しく把握し、エネルギーの在り方を議論することが重要だとしています。

国の原子力委員会が、28日公表したことしの原子力白書では「カーボンニュートラル」の実現や、エネルギー安全保障といった課題に対応する社会的要請があり、選択肢の1つが原子力発電だとしています。

そのうえで、活用を考えるにあたっては、メリットと課題の両方を正しく把握し、エネルギーの在り方を議論することが重要で、原子力の位置づけを考える機運を高めることが求められるとしています。

また、国や電力会社には、原発事故の反省と教訓を忘れず、安全性向上に向けた不断の努力に加え、核セキュリティ文化の醸成など、テロ対策にも取り組むことや、立地地域をはじめとする国民の不信や不安に向き合うため、一方的に情報や決定事項を押しつけて理解を得る姿勢ではなく、双方向のコミュニケーションに継続的に取り組むことが必要だとしています。
白書をまとめた原子力委員会の上坂充委員長は「原子力ありきではないが、エネルギーの重要性とその中での原子力の役割を、国民一人一人が『じぶんごと』として考えてほしい」と話していました。