東電柏崎刈羽原発 核セキュリティ情報 社員が無断で持ち帰る

新潟県にある東京電力柏崎刈羽原子力発電所で、東京本社の社員が核セキュリティに関する情報を無断で印刷し、テレワークのため、自宅に持ち帰っていたことが分かり、会社側は責任者の許可がなければ情報を印刷できないようシステムを改めたとしています。

東京電力によりますと、東京本社の社員が先月29日、出張先の柏崎刈羽原発で核セキュリティに関する情報を無断で印刷し、テレワークのため、自宅に持ち帰りました。

責任者にあたる上司の許可があれば印刷や持ち出しが認められている情報ですが、社員は許可を取っておらず、今月3日までの5日間、自宅で保管していたということです。

印刷した情報はすべて回収し、情報の紛失や外部への漏えいはないということです。

東京電力は再発を防ぐため、責任者の許可がなければ情報を印刷できないようシステムを改めたとしています。

柏崎刈羽原発の稲垣武之所長は、記者会見で「業務上、核セキュリティに関する情報に触れる社員が増えているので、情報の扱いについて教育を徹底していく」と述べました。