桜島 噴火警戒レベル3「入山規制」に下げる 気象庁

鹿児島県の桜島について、気象庁は27日午後8時、噴火警戒レベルを最も高いレベル5の「避難」からレベル3の「入山規制」に下げました。
これに伴い鹿児島市は桜島の一部の地域に出していた避難指示を解除しました。

桜島の南岳山頂火口では、今月24日に爆発的な噴火が発生して大きな噴石が火口から2.5キロ付近まで飛んだことから、気象庁は噴火警戒レベルを、最も高いレベル5の「避難」に引き上げました。

その後も噴火は続いていましたが、大きな噴石が火口から2.4キロを超えて飛ぶような噴火は起きていないということです。

このため気象庁は「2キロを超えて大きな噴石が飛ぶ可能性は低くなった」などとして、27日午後8時に噴火警戒レベルをレベル5からレベル3の「入山規制」に下げました。

これに伴い鹿児島市は、27日午後8時25分、有村町と古里町の一部の合わせて33世帯51人に出していた避難指示を解除しました。

ただ、夜間に自宅へ移動することに不安を感じる人のため、避難所の「高齢者福祉センター東桜島」は28日も開いたままの状態にするということです。

桜島では現在も噴火活動が続いています。

このため気象庁は南岳山頂火口と昭和火口からおおむね2キロの範囲では大きな噴石と火砕流に警戒するよう呼びかけています。