フィリピン M7.0の地震 停電や土砂崩れなどの被害相次ぐ

日本時間の27日午前9時40分すぎ、フィリピンのルソン島北部を震源とするマグニチュード7.0の地震がありました。
現地の災害当局によりますと、これまでに1人が死亡したほか、停電や土砂崩れなどの被害が相次いでいるということです。

USGS=アメリカの地質調査所によりますと、日本時間の午前9時40分すぎ、フィリピンのルソン島北部を震源とするマグニチュード7.0の地震がありました。

現地の災害当局によりますと、この地震でこれまでに1人が死亡したほか、停電や地滑りなどの被害が相次いでいるということです。

地元のメディアは、震源に近い地域で建物が崩れるなどの被害が出ていると伝えています。

また、首都マニラの高層ビルが立ち並ぶ中心部では多くの人が余震を恐れて高層ビルから出て近くの空き地などに一時避難をしていました。

ほかにも鉄道が安全確認のため一時、運行を停止したため、通勤客などに影響が出ました。

地震を受けてフィリピン大統領府の報道官は、マルコス大統領が現地に救援チームを派遣すると指示したことを発表しました。

首都マニラ 地震直後の様子

首都マニラの高層ビルが立ち並ぶ中心部では、多くの人が余震を恐れて高層ビルから出て近くの空き地などに一時避難をしていました。

ビルの18階の事務所にいたという女性は「事務所で朝食を食べていましたが大きく揺れてとても怖かったです。すぐにバッグをとってくつを履き走って階段まで逃げました。安全を第一に考えました」と話しました。

また、ビルの45階で仕事をしていたという男性は「部屋の照明が揺れた程度の揺れでした。すぐに階段を使って避難しましたが誰もパニックにはなりませんでした」と話しました。

フィリピン大統領府 報道官 “マルコス大統領 現地に向かう”

フィリピン大統領府の報道官はマルコス大統領が現地に向かうと発表しました。