三重 愛知で猛烈な雨 大気不安定続く 土砂災害などに警戒を

暖かく湿った空気の影響で、26日夜から27日朝にかけて東日本や北日本を中心に大気の状態が非常に不安定になり三重県で猛烈な雨が降ったほか、愛知県でも猛烈な雨が降ったとみられます。大気の不安定な状態は27日も続く見込みで、気象庁は土砂災害や低い土地の浸水や川の増水に警戒するよう呼びかけています。

気象庁によりますと、太平洋高気圧の縁を回って南から暖かく湿った空気が流れ込んでいる影響で、26日夜から27日朝にかけて東日本や北日本を中心に大気の状態が非常に不安定になり、局地的に雨が激しく降りました。

東海地方には発達した雨雲が次々とかかり、いずれも気象庁のレーダーによる解析で愛知県西尾市付近で午前0時10分までの1時間におよそ100ミリ、三重県度会町付近で午前1時半までの1時間におよそ120ミリの猛烈な雨が降ったとみられます。

また、三重県が度会町に設置した雨量計で午前1時までの1時間に89ミリの猛烈な雨を観測しました。

この時間、雨は小康状態になっていますが、大気の不安定な状態はきょうも続くため西日本から北日本にかけて各地で激しい雨が降る見込みで、東海や関東では局地的に雷を伴って1時間に50ミリの非常に激しい雨が降るおそれがあります。

28日朝までの24時間に降る雨の量はいずれも多いところで東海で120ミリ、関東で100ミリと予想されています。
気象庁は土砂災害や低い土地の浸水や川の増水に警戒し、落雷や竜巻などの激しい突風、ひょうにも注意するよう呼びかけています。

愛知 住宅への浸水の情報が寄せられる 消防

愛知県内の各消防によりますと、大雨の影響で住宅への浸水の情報が複数寄せられています。

半田市亀崎では用水路に40代の男性が流されました。男性は自力で脱出し、けがはないということです。

また、安城市東端町では午前1時すぎ「落雷で住宅から火が出た」と消防に通報があり、現在消防車などおよそ8台が出て消火活動を行っているということです。けが人の情報は入っていないということです。

岡崎市では、停電の影響でエレベーターに30代の男性が閉じ込められ、1時間ほどのちに救助されたということです。

愛知 三重 岐阜 3県で合わせて4030戸が停電(午前5時現在)

中部電力パワーグリッドによりますと、東海3県では午前5時現在、大雨となっている地域などで合わせて4030戸が停電しています。


停電しているのは
愛知県では、
▽安城市でおよそ1850戸
▽高浜市でおよそ760戸

三重県では
▽志摩市でおよそ310戸

岐阜県では
▽中津川市でおよそ1060戸
などとなっています。

復旧を急ぐとともに原因を調べています。

愛知県内 多数の道路で冠水の被害 信号機停電の通報も 警察

愛知県内の各警察署によりますと、この大雨の影響で県内の多数の道路で冠水の被害が出ているということです。

岡崎市では矢作町をはしる国道1号線など少なくとも市内の10か所の道路が冠水しているほか、わかっているだけでも西尾市、碧南市、刈谷市、安城市、半田市などでも道路の冠水が確認されているということです。

また、信号機が停電しているという通報も複数入っているということです。

警察では被害の確認を進めていて、冠水した道路を車で走行しないように呼びかけています。