サル痘 感染者の接触者は1人と公表 都「感染拡大可能性低い」

東京都は25日、国内で初めてサル痘の感染が確認された都内在住の男性について、保健所を通じて行動歴などを調査した結果、1人が接触者として特定されたと公表しました。接触者に症状はなく、今のところほかに接触者はいないということで、都の担当者は「今後、感染が拡大していく可能性は低いと考えている」と話しています。

欧米などを中心に感染の報告が相次ぐサル痘をめぐっては25日、ヨーロッパでの滞在歴がある都内在住の、30代の男性が国内で初めて感染していることが確認されました。

東京都は26日、保健所がこの男性の行動歴などを調査した結果、1人が接触者として特定されたと公表しました。

都によりますと、男性が今月中旬にヨーロッパから帰国したあとから25日までの間に1メートル以内での接触歴があったということです。

この接触者には発熱や発疹などの症状はないということですが、保健所が来月15日まで健康観察を行うことにしています。

今のところ男性の接触者はほかにはいないということで、都の担当者は「今後、感染が拡大していく可能性は低いと考えている」と話しています。