毎日新聞ヘリ 福岡県上空で窓落下も飛行続けイベントにも参加

22日の夕方、福岡県の上空を飛行中の毎日新聞のヘリコプターから窓が落下していたことが分かりました。
被害は確認されていませんが、機長は窓の落下をすぐに会社に報告せず飛行を続けて、長崎県で開かれていたイベントに参加していたということです。

毎日新聞西部本社によりますと、窓が落下したのは機材繰りのために東京本社から配備され、北九州空港を拠点に運用している機体です。

この機体は22日、長崎県島原市で開催された野球大会の始球式で、上空からマウンドにボールを投下するイベントを行うため、午後4時に北九州空港を飛び立ちました。

そのおよそ30分後、福岡県みやま市の上空およそ600メートルで操縦席の右側の窓が落下しました。

窓は台形型のアクリル製で、縦が24センチ、幅が最大47センチ、重さは380グラムだということです。

被害の情報は入っていないということです。

搭乗していたのはいずれも社員で、機長や販売部員など合わせて4人で、機長は窓の落下に気付いたということですが、すぐに会社などに報告せず始球式に参加しました。

会社や国土交通省、それに警察への報告は、北九州空港に戻ったあと午後6時前に行われたということです。

機長は「窓が落下した際に被害がないことを目視で確認し、安全上も問題ないと判断し飛行を続けた」と話しているということです。

毎日新聞西部本社は「ご迷惑をおかけし、おわび申し上げます。今後、ヘリコプターの点検を徹底し、安全運航に努めて参ります」とコメントしています。