中国「BYD」 日本でのEV乗用車販売に参入発表

中国のEV=電気自動車大手「BYD」が、日本市場でEVの乗用車の販売に参入すると発表しました。この分野では、日本の自動車メーカーも新車を相次いで投入していて、競争が激しくなりそうです。

中国のBYDは、世界70余りの国と地域で、EVの販売を手がける有力メーカーです。

会社は21日、都内で記者会見を開いて、来年1月以降、SUV=多目的スポーツ車やセダンなど、3つのタイプのEVを日本市場に投入すると発表しました。

1回の充電で走行できる距離は、SUVが485キロ、セダンが555キロなどとなっていて、希少金属の使用量を減らして、コストをおさえた自社開発のバッテリーを搭載します。

この会社は、日本で7年前からEVバスを販売していますが、乗用車での日本参入に合わせて、2025年までに、すべての都道府県に合わせて100か所の販売店を開く計画です。

BYDジャパンの劉学亮社長は「これからは電気自動車を買うか買わないかではなく、いつ買うか、という時代だ。日本のあらゆる人に、身近な存在にしていきたい」と述べました。

EVの分野では、ことしに入って日本の自動車メーカーも新車を相次いで投入しているほか、韓国のヒョンデ自動車なども参入していて、国内外のメーカーの競争が激しくなりそうです。

メーカー各社 日本でのEV販売を本格化

日本では、中国やヨーロッパなど海外市場と比べて、EVの普及は進んでいませんが、今後の需要拡大をにらんで、メーカー各社が販売を本格化させています。

国内メーカーでは、
▽トヨタ自動車とSUBARUが、ことし5月に、会社としては初めての量産型のEVを発売
▽日産自動車と三菱自動車工業は6月、軽自動車サイズのEVの販売を始めました。

また、ヨーロッパを中心とする海外メーカーも、相次いで日本にEVを投入しているほか、アジアの自動車メーカーの参入も相次いでいます。

▽韓国の大手自動車メーカーヒョンデ自動車が日本市場に再び参入し、ことし5月から販売を始めたほか、
▽去年12月にオープンした中国の「中国第一自動車」の店舗では、EVの販売も検討しています。

さらに、脱炭素への取り組みを進めるため、物流・運送業界でEVの導入が広がる中、
▽日野自動車が6月に小型のEVトラックを発売したほか、
▽ホンダやスズキ、ダイハツなども、軽自動車サイズの商用EVの販売を計画しています。

去年、国内で販売された乗用車のうち、EVの割合は1%未満にとどまっていますが、メーカー各社では関心が高まるEVの需要を取り込もうという動きが活発になっていて、今後、普及がどこまで進むかが焦点です。