中国海軍測量艦 屋久島周辺の領海侵入 海軍艦艇で6回目4月以来

防衛省は、中国海軍の測量艦1隻が20日、鹿児島県の屋久島周辺の日本の領海に侵入したのを確認したと発表しました。
中国海軍の艦艇の領海侵入は6回目で、ことし4月以来です。防衛省は、警戒・監視を続けるとともに航行の目的を分析しています。

防衛省によりますと、20日午後6時50分ごろ、中国海軍の測量艦1隻が屋久島の南の接続水域を航行しているのを確認し、測量艦は午後8時ごろ、日本の領海に侵入したということです。

海上自衛隊の補給艦「ましゅう」や鹿屋基地所属のP1哨戒機が情報収集や警戒・監視にあたり、測量艦は3時間半ほどたった20日午後11時半ごろ、口永良部島の西の領海を出て、西に向かったということです。

中国海軍の艦艇の領海への侵入はこれが6回目で、ことし4月以来です。

防衛省は警戒・監視を続けるとともに、中国海軍の領海侵入などの動きが活発になっているとして、今回の航行の目的を詳しく分析しています。

松野官房長官「外交ルート通じ懸念伝えた」

松野官房長官は、午前の記者会見で「海上自衛隊の護衛艦による監視などを行うとともに、わが国周辺海域での中国海軍艦艇のこれまでの動向を踏まえ、外交ルートを通じて懸念を伝えた。引き続き、中国海軍艦艇のわが国周辺海域での動向を注視し、警戒監視活動などに万全を期していく」と述べました。