「クレヨンしんちゃん」キャラクター出身地の3県 家族都市に

人気アニメ「クレヨンしんちゃん」のキャラクターの出身地である埼玉、秋田、熊本の3県が「家族都市」の協定を新たに結び、観光振興や地域活性化などに取り組むことになりました。

人気アニメ「クレヨンしんちゃん」は、埼玉県春日部市が舞台で、主人公「野原しんのすけ」の父親「ひろし」は秋田県、母親「みさえ」は熊本県が出身地です。

20日は、さいたま市にある知事公館に埼玉、秋田、熊本の3県の知事と、原作漫画の出版社の社長が出席して、観光振興や地域活性化に協力して取り組む「家族都市」の協定を新たに結びました。

埼玉県の大野元裕知事は「しんちゃんと家族が暮らす埼玉県に、ようこそおいでくださいました。この3県で家族のように力を合わせて、お客さんを迎えたい」とあいさつしました。

会場には、しんちゃんの一家や3県のマスコットキャラクターも登場して、一緒に記念写真を撮影しました。

3県ではキャラクターをあしらった特産品を販売したりイベントを行ったりするほか、今後、物産展を共同で開くなどして、交流を深めることにしています。

3県の知事 “家族として末永く交流を”

埼玉県の大野元裕知事は「3県で互いに末永く、家族としてつきあっていき、魅力を発信して相互に人が交流するようにしたい」と話していました。

秋田県の佐竹敬久知事は「市町村の姉妹都市はあるが、姉妹県はないと思うので、これを契機にして3県の交流やPRなどを行って、互いがウィンウィンになる取り組みをしたい」と話していました。

熊本県の蒲島郁夫知事は「3県で家族になったので、永遠に仲がよく、助け合う関係になりたい。それぞれの持っている魅力は、日本でも最も高いと思うので、今後の取り組みに期待したい」と話していました。