上海で拘束の日本人男性 中国当局が逮捕 スパイ行為など疑いか

中国の上海で当局にスパイ行為などとみられる疑いで拘束されていた日本人男性が先月、逮捕されたことがわかりました。

日中外交筋などによりますと、中国の上海で去年12月、50代の日本人男性が当局に拘束され、当時スパイ行為などの疑いが持たれたとみられていました。

上海にある日本総領事館はこの男性について、先月当局に逮捕されたことを明らかにしました。

当局による手続きが進められたことになりますが、日本総領事館は今回男性が逮捕された詳しい容疑についてコメントできないとしています。

中国では反スパイ法が施行されたよくとしの2015年以降、日本人がスパイ行為に関わったなどとして当局に拘束されるケースが相次いでいて、日本の外務省によりますと、この男性を含めてこれまでに少なくとも16人が拘束されました。

このうち解放されたり刑期を終えたりしてすでに8人は帰国していますが、ことし2月には服役中だった北海道出身の70代の男性が死亡したほか、今回の男性を含め7人は依然帰国できておらず、日本政府は中国政府に対してさまざまな機会を通じて解放を呼びかけているということです。

官房長官「早期解放を求め働きかけ継続」

松野官房長官は午後の記者会見で「去年12月に上海市で中国の国内法違反があったとして拘束された50代の邦人男性がことし6月に逮捕されたことを、政府として確認している。中国当局からは健康状況に問題があるという連絡は受けていない」と述べました。

そのうえで「中国側に対してはさまざまなレベルや機会を通じて早期解放を強く求めており、働きかけを継続する。政府としては邦人保護の観点から、家族との連絡などできるかぎりの支援を行ってきており引き続き適切に対応する」と述べました。

外務報道官「早期の解放を強く求めていく」

小野外務報道官は記者会見で「日本政府としては邦人保護の観点から家族との連絡など、できるかぎりの支援を行ってきている。また中国側に対してはさまざまなレベルや機会を通じ早期の解放を強く求めてきており、働きかけを継続していく」と述べました。