大相撲名古屋場所 9日目の見どころ

大相撲名古屋場所は9日目の18日から後半戦です。
2敗に7人が並ぶ混戦となっていて、このうち横綱・照ノ富士は平幕の遠藤と対戦します。

名古屋場所は17日の中日8日目にただ1人1敗だった平幕・逸ノ城が2敗で、平幕の琴ノ若に敗れました。

この結果、2敗に横綱・照ノ富士や琴ノ若、逸ノ城など7人が並ぶ混戦となっています。

9日目の18日、照ノ富士は平幕・遠藤の挑戦を受けます。

過去の対戦では照ノ富士が8勝5敗と勝ち越していて、この1年は横綱の4勝負けなしです。

照ノ富士は17日におよそ2分の長い相撲の末、若元春を下しましたが、18日の一番でも落ち着いて四つに組み胸を合わせる展開となれば横綱の優位は揺るぎません。

遠藤としては低い姿勢で横綱にまわしを許さない展開からチャンスを見いだしたいところです。

2敗に後退した逸ノ城は前頭筆頭の霧馬山との対戦です。

逸ノ城は立ち合いから素早く左の上手を取る相撲が光っていましたが、ここ2日間は左上手を取れず連敗しています。

四つ相撲が得意な霧馬山に対し、左上手でまわしを引いて前に出ることができるかがポイントになります。

このほか、2敗の琴ノ若は関脇・若隆景と対戦。

ともに2敗と好調な一山本と錦富士の取組も楽しみな一番です。