岸田首相 “中小企業は経済の屋台骨”支援を進めていく考え

岸田総理大臣は、横浜市で開かれたJC=日本青年会議所の会合に出席し、中小企業は日本経済の屋台骨だとして支援を進めていく考えを強調しました。

会合で岸田総理大臣は、JCの中島土会頭と対談しました。

この中で岸田総理大臣は「中小企業は日本の経済の屋台骨だ。中小企業の業態転換などを支援するための『事業再構築補助金』や、創業する時に個人保証を不要とする新しい信用保証制度の創設など、政府として中小企業に頑張ってもらえるような環境整備をしっかり進めていきたい」と述べました。

また「ロシアによるウクライナ侵略などで、国際秩序自体が不透明な状況になっており、自由や民主主義、法の支配といった基本的な価値と国際法をはじめとする基本的なルールの2つを基軸にしながら、新しい秩序や経済を考えていくことが大事だ。こうした大きな方向性や考え方を共有してほしい」と述べました。