沖縄 久米島 刺された痕があるウミガメ 30匹以上見つかる

沖縄本島の西にある久米島で、首の付け根などに鋭利な刃物のようなもので刺された痕があるウミガメが少なくとも30匹以上見つかり、地元の自治体などが調べています。

沖縄県久米島町でウミガメの保護活動などをしている「久米島ウミガメ館」によりますと、14日の昼すぎ、島の東側にある真謝地区の海で「ウミガメが網にからまっている」という連絡が入ったということです。

ウミガメ館のスタッフや久米島町の職員が駆けつけたところ、沖合およそ50メートルの潮が引いた海で、少なくとも30匹以上のアオウミガメが動けなくなっているのが見つかりました。

ほとんどのウミガメの首の付け根には鋭利な刃物のようなもので刺された痕があり、中には首以外にも刺されたような痕があるカメもいて、いずれも血を流してひん死の状態だったということです。

「久米島ウミガメ館」によりますと、現場の海は、アオウミガメの餌が豊富にある藻場になっていて、大潮の時期で潮位が高いことを利用して、多くのカメが餌を求めて泳いで来ていたのではないかということで、地元の自治体などが詳しい状況や原因を調べています。