すかいらーくHD ガストなどでメニューの約5割 順次値上げへ

ファミリーレストラン最大手の「すかいらーくホールディングス」は、原材料価格の高騰などを受けて、ガストなど傘下の5つのブランドでメニュー全体のおよそ5割を14日以降、順次値上げすることを決めました。

発表によりますと、対象となるのは、ガストやバーミヤンなど傘下の5つのブランドの、主力商品を含むメニュー全体のおよそ5割で、値上げ幅は税込み価格で平均およそ5%になるとしています。

価格の改定はブランドごとに14日以降、順次行われ、このうち、ガストの「チーズINハンバーグ」は今の税込み699円から今月28日以降は769円となります。

値上げの理由について会社では牛肉や鶏肉、それに食用油など原材料価格のほか、物流費が高騰したためと説明しています。

サイゼリヤ 価格維持の方針

一方外食チェーン「サイゼリヤ」は、できるだけ値上げせず価格を維持する方針です。

自社の工場で商品を加工する内製化をさらに進めるとともに、店舗に太陽光パネルを設置したり省エネに取り組んだりして、いっそうのコスト削減を進めることにしています。

堀埜一成社長は、13日の決算会見で「円安のダメージはかなり大きいが、他社が値上げする中、値段を維持する方がメリットが出せるのではないか」と述べました。