バンダイナムコHDのグループ会社にサイバー攻撃

ゲームやおもちゃなどの大手メーカー「バンダイナムコホールディングス」の、アジアにあるグループ会社が、身代金要求型のコンピューターウイルス「ランサムウエア」によるサイバー攻撃を受けたことがわかりました。会社は「現時点で事業に大きな影響はないが、顧客の情報などが漏えいした可能性があり調査中だ」としています。

ゲームやおもちゃなどの大手メーカー「バンダイナムコホールディングス」によりますと、7月3日、アジアにある複数のグループ会社の社内システムに不正なアクセスが行われ、身代金要求型のコンピューターウイルス「ランサムウエア」によるサイバー攻撃の被害が発生したということです。

会社は現時点で事業に大きな影響はないとしていますが、おもちゃ販売などの事業に関連する、日本を除くアジアの顧客情報などが漏えいした可能性があり、詳しく調べているということです。

情報セキュリティー会社によりますと、ランサムウエアを使って企業などを攻撃している「ALPHV」と名乗るハッカー集団がインターネット上の闇サイトで、盗み取ったと見られるグループ会社のデータを、公開すると主張していることが確認されています。

「バンダイナムコホールディングス」は「関係する皆様には、多大な心配と迷惑をおかけすることを深くおわびします」などとしています。