安倍元首相銃撃 発砲地点から約90m先の立体駐車場の壁に弾痕か

安倍元総理大臣が奈良市で演説中に銃で撃たれて死亡した事件で、警察は13日朝、現場周辺でこれまでより範囲を広げて大規模な検証を行い、容疑者が銃を撃った地点からおよそ90メートル先の立体駐車場の壁に銃弾が当たったような痕跡を確認しました。
警察は、容疑者の作った手製の銃が強い威力を持っていたとみて、詳しく調べています。

今月8日、奈良市で演説をしていた安倍元総理大臣が銃で撃たれて死亡した事件で、警察は奈良市の無職、山上徹也容疑者(41)を逮捕し、殺人の疑いで捜査しています。

この事件で警察は、13日午前5時前からおよそ2時間、現場周辺の道路を封鎖し、これまでより範囲を広げて、まだ見つかっていない銃弾などの遺留品を捜す大規模な現場検証を行いました。

事件に使われた手製の銃は、1回に6つの弾が発射される構造とみられ、山上容疑者は2回発砲した疑いがあります。

これまでに発砲地点からおよそ20メートル先にあった選挙カーの看板に銃弾が貫通したようなあとが見つかっていますが、警察によりますと、13日の現場検証では、さらにその先、発砲地点からおよそ90メートル先の立体駐車場の壁に3か所、銃弾が当たったような痕跡が確認されたということです。

痕跡は高さ4メートルから8メートルの位置で、安倍元総理大臣が演説していた場所や銃弾が貫通したようなあとがあった選挙カーの延長線上で、矛盾はないということです。

警察は、容疑者の作った手製の銃が強い威力を持っていたとみて、詳しく調べています。

一方、警察は、早朝の時間帯に現場検証を行った理由について、交通や献花に訪れる人への影響を考慮したと説明しています。