安倍元首相銃撃 早朝に大規模な現場検証 発砲した銃の弾を捜索

安倍元総理大臣が奈良市で演説中に銃で撃たれて死亡した事件で警察は13日、現場で容疑者が発砲した銃の弾を見つけるため、早朝からおよそ50人の捜査員を出して大規模な現場検証を行いました。

今月8日、奈良市で演説をしていた安倍元総理大臣が銃で撃たれて死亡した事件で、警察は奈良市の無職、山上徹也容疑者(41)を逮捕して殺人の疑いで捜査しています。

この事件で警察は13日午前5時ごろから現場周辺の道路を封鎖し鑑識の捜査員らおよそ50人が出て、大規模な現場検証を行いました。

警察によりますと容疑者が発砲した弾を捜索するのが目的だということです。

これまでの調べで山上容疑者が作った手製の銃は1度に6つの弾が発射される仕組みになっていて、2度発砲されたとみられています。

安倍元総理大臣が撃たれた場所からおよそ20メートル離れた場所にとめていた選挙カーにも銃弾が貫通したようなあとが見つかっていて、発射された弾は広範囲に飛び散ったとみられています。

現場で捜査員らは横1列になって道路上に弾が落ちていないかくまなく探していました。

この場所は主要な駅の近くで、日中は多くの人が行き交ううえ、献花に訪れる人も絶えないことなどから混乱や交通への影響を抑えるため早朝に行ったということです。