安倍元首相銃撃 容疑者「岡山から帰る途中 奈良遊説知り決意」

安倍元総理大臣が奈良市で演説中に銃撃されて死亡した事件で、逮捕された容疑者が「前日に岡山での襲撃を諦めて帰る途中、元総理が翌日、地元の奈良に遊説に来ると知り実行を決意した」と供述していることが、捜査関係者への取材で分かりました。

今月8日、奈良市で演説をしていた安倍元総理大臣が銃で撃たれて死亡し、警察は奈良市に住む無職の山上徹也 容疑者(41)を逮捕して、殺人の疑いで捜査しています。

警察当局のこれまでの調べで、山上容疑者は「本人に近づける機会をねらっていた。前日に元総理の岡山の遊説会場にも行った」と供述していることが分かっています。

その後の調べに対し「岡山では近づけずに諦めて帰ったが、帰る途中にネットを見て元総理が翌日、地元の奈良に遊説に来ると知りチャンスだと思って奈良で実行することを決意した」と供述していることが、捜査関係者への取材で分かりました。

警察当局は、前日に襲撃の目的を果たせなかった容疑者が、地元での遊説の機会を逃さずに元総理大臣を殺害する決意を固めたとみて詳しいいきさつを調べています。