サンドラッグ 1万9057人分の顧客情報流出か 不正アクセス受け

ドラッグストア大手の「サンドラッグ」はオンラインショッピングなどのサイトが不正アクセスを受け、およそ1万9000人分の顧客情報が流出した可能性があると発表しました。

サンドラッグによりますと、今月9日から11日にかけて、オンラインショッピングと会員向けのサイトが海外のIPアドレスから不正なアクセスを受けたということです。

その結果、会員1万9057人分について不正なログインが確認され、氏名や住所、電話番号、それにメールアドレスなどの個人情報が閲覧され、情報が流出した可能性があるということです。

システムを委託する会社から11日、報告を受けて流出が発覚したということで、個人情報が悪用されるなどの被害は今のところ確認されていないということです。

会社では被害を受けた可能性がある客にメールで連絡し、パスワードを変更するよう呼びかけるとともに、不正なログインが行われた海外からのアクセスを遮断するなどの対策を講じています。

サンドラッグは「事態を厳粛に受け止め、再発防止に向けて第三者機関を踏まえたセキュリティー対策のさらなる強化に努めてまいります」とコメントしています。