次世代の宇宙望遠鏡 初観測の赤外線画像 ”最も遠い宇宙”

アメリカのバイデン大統領は11日、宇宙空間を飛行しながら天体観測を行う次世代の宇宙望遠鏡「ジェームズ・ウェッブ宇宙望遠鏡」が、打ち上げ後初めて観測した、これまでで最も遠い宇宙を撮影したとされる精細な画像を公開しました。

「ジェームズ・ウェッブ宇宙望遠鏡」は、NASA=アメリカ航空宇宙局やESA=ヨーロッパ宇宙機関などが、共同で開発した次世代の宇宙望遠鏡で、去年12月に打ち上げられ地球から、およそ150万キロ離れた軌道で観測を行っています。

11日、バイデン大統領はホワイトハウスで行われた会見で、この望遠鏡が初めて観測した宇宙の画像を公開しました。

公開されたのは、数十億光年離れた銀河団を赤外線カメラで撮影した画像で、中には130億光年以上離れている天体も含まれています。

NASAは「これまでで最も遠く、精細な宇宙の赤外線画像だ」としています。

ジェームズ・ウェッブ宇宙望遠鏡は、20年以上の歳月と1兆円を超える費用がかかった巨大科学プロジェクトで、これまでの宇宙望遠鏡に比べ、より遠く、暗い天体が観測できるようになると期待されています。

宇宙の誕生から2億年後に輝き始めたとされる「ファーストスター」や、最初期の銀河を探し、その成り立ちを解明することなどが主な目的で、NASAは12日、これ以外にも初めての観測で得られた画像を公開する予定です。