NY市場 一時1ドル=137円台後半に 約24年ぶりの円安水準を更新

11日のニューヨーク外国為替市場は、日本の参議院選挙で自民党が大勝したことを受けて大規模な金融緩和が当面継続するとの観測などから円が売られ、円相場は一時、1ドル=137円台後半まで値下がりし、およそ24年ぶりの円安水準を更新しました。

11日のニューヨーク外国為替市場は、円を売ってドルを買う動きが出て、円相場は一時、1ドル=137円75銭に値下がりし、およそ24年ぶりの円安水準を更新しました。

参議院選挙で自民党が大勝したことを受けて日本では大規模な金融緩和が当面続き、金融引き締めを加速させるアメリカとの金利差が拡大するとの観測が出たことが背景の1つにあります。

市場関係者は「日米の金融政策の方向性の違いが改めて意識された。今週はアメリカの金融政策に影響を与える消費者物価指数が13日に発表される予定で投資家の注目が集まっている」と話しています。