「遊☆戯☆王」作者の死因は溺死 スノーケリング中に溺れたか

今月6日、沖縄県名護市の沖合で亡くなった少年向けの人気漫画「遊☆戯☆王」の作者、高橋和希さん、本名、一雅さんの死因が溺死であることが分かりました。海上保安署はスノーケリング中に溺れたとみて、詳しいいきさつを調べています。

今月6日、名護市の沖合で高橋さんがスノーケリングの器具を身につけた状態で浮いているのが見つかりその後、死亡が確認されました。

名護海上保安署によりますと11日、高橋さんの司法解剖を行った結果、死因は溺死であることが分かったということです。

また、亡くなったあとサメにかまれてできた傷が確認されたということです。

海上保安署や警察によりますと、高橋さんは1人で沖縄を訪れていて、発見された場所からおよそ12キロ離れた恩納村のビーチに近い農道では、高橋さんが借りたレンタカーが見つかっています。

海上保安署は、レンタカーがあった周辺の沖合でスノーケリング中に溺れて亡くなり、名護市の沖合まで流されたとみて、詳しいいきさつを調べています。