安倍元首相銃撃 容疑者 岡山の会場“入場手続きあり難しいと”

安倍元総理大臣が奈良市で演説中に銃で撃たれ死亡した事件で、逮捕された容疑者が、前日に行ったと話している岡山での遊説会場について「元総理を殺害しようと考えていたが、入り口で入場手続きが行われているのを見て難しいと思った」という趣旨の供述をしていることが捜査関係者への取材で分かりました。
会場には入っていないとみられ、警察当局は襲撃しやすい場所を探していた可能性もあるとみて捜査しています。

8日、奈良市で演説をしていた安倍元総理大臣が背後から銃で撃たれて死亡し、警察は、奈良市に住む無職の山上徹也容疑者(41)を逮捕して殺人の疑いで捜査しています。

警察当局のこれまでの調べで、山上容疑者は「ほかの遊説先にも行ったことがあり、前日に岡山の遊説会場にも行った」などと供述していることが分かっています。

その後の調べに対し、岡山の遊説会場について「元総理を殺害しようと考えていた。しかし、入り口で入場手続きが行われているのを見て難しいと思った」という趣旨の供述をしていることが捜査関係者への取材で分かりました。

岡山の会場では、入場の際、名前や住所を記入することになっていましたが、山上容疑者の記入は確認されておらず、入場しなかったとみられるということです。

警察当局は、以前から殺害の機会をうかがい、襲撃しやすい場所を探していた可能性もあるとみて捜査しています。