安倍元首相銃撃 容疑者 複数の種類の銃製造か

安倍元総理大臣が奈良市で演説中に銃で撃たれ死亡した事件で、逮捕された容疑者が、鉄パイプを粘着テープで巻き付けた複数の種類の銃を製造したという趣旨の供述をしていることが捜査関係者への取材で分かりました。

警察当局は複数の銃を製造したうえで、殺傷能力の高いものを選んで襲撃したとみて調べています。

8日昼前、奈良市の大和西大寺駅近くで演説をしていた安倍元総理大臣が背後から銃で撃たれて死亡し、警察は奈良市に住む職業不詳の山上徹也容疑者(41)を逮捕して殺人の疑いで捜査しています。

警察によりますと、現場では長さおよそ40センチ、高さおよそ20センチの手製の銃が押収されたほか、容疑者の自宅マンションからは事件に使われたものと似た手製の銃とみられるものが数丁、押収されたということです。

その後の調べに対し山上容疑者が「2本の鉄パイプを粘着テープで巻き付けてつくった銃のほか、鉄パイプを3本や5本、6本にした銃を製造した」という趣旨の供述をしていることが捜査関係者への取材で分かりました。

また「それぞれのパイプに弾丸を込めて発砲した。部品は、ネットで購入した」とも供述し、実際に銃撃に使われた銃は鉄パイプ2本で構成されるものとみられるということです。

警察当局は、複数の種類の銃を製造したうえで、殺傷能力の高いものを選んで襲撃したとみて調べています。