岸田首相 バイデン大統領と電話会談「民主主義守り抜く」

安倍元総理大臣が亡くなったことを受けて、岸田総理大臣はアメリカのバイデン大統領と電話で会談し、バイデン大統領から弔意が示されたのに対し「暴力に屈せず民主主義を守り抜く」と伝えました。

安倍元総理大臣が男に銃で撃たれ亡くなったことを受けて、岸田総理大臣は9日午前8時から10分間、アメリカのバイデン大統領と電話で会談しました。

この中でバイデン大統領は「安倍元総理大臣の逝去に対し、アメリカを代表して心よりお見舞いを申し上げる。安倍元総理大臣は卓越した指導者として国際社会をリードし、日米関係の深化に大きな足跡を残した。私はフミオと日本国民とともにある」と述べ、弔意を示しました。

これに対し、岸田総理大臣は謝意を伝えたうえで「民主主義の根幹である選挙が行われている中で起きた卑劣な蛮行は断じて許すことはできない。現職の総理大臣として暴力に屈せず民主主義を守り抜く」と伝えました。

このあと岸田総理大臣は記者団に対し「安倍元総理大臣の遺志を継いで日米同盟のさらなる強化に努めていくという思いを新たにした」と述べました。

ホワイトハウス「大統領とアメリカ国民が寄り添っている」

アメリカのバイデン大統領と岸田総理大臣との電話による首脳会談についてホワイトハウスは「バイデン大統領は憤りと悲しみ、そして深い哀悼の意を表明した。悲しみの中にある岸田総理大臣と日本国民に大統領とアメリカ国民が寄り添っていると強調した」とする声明を発表しました。

そのうえで「自由で開かれたインド太平洋というビジョンと日本とアメリカ、オーストラリア、それにインドの4か国による枠組み、クアッドの設立という安倍元総理大臣の不朽の遺産の重要性に言及した」として安倍氏の功績をたたえました。