安倍晋三元首相が死亡 衆議院山口4区では補欠選挙実施へ

安倍元総理大臣の死去に伴って、衆議院山口4区では補欠選挙が行われます。

公職選挙法の規定では、9月15日までに欠員が生じた場合、10月の第4日曜日に補欠選挙を行うとしています。

ただ、去年10月に行われた衆議院選挙の、いわゆる「1票の格差」をめぐる裁判が最高裁判所で続いていて、法律の規定では、この判決が確定するまでは補欠選挙を行うことができません。

このため判決の確定が9月16日以降となった場合、補欠選挙は、来年の4月以降に行われることになります。

一方、政府は、山口県の小選挙区の数をこれまでの4から3に減らすなど、区割りを見直すための法案を秋の臨時国会に提出し成立を目指す方針ですが、仮に成立しても、適用されるのは次の衆議院選挙からとなる見通しで、補欠選挙は現在の区割りで行われることになります。