安倍元首相銃撃で岸田首相「卑劣な蛮行 決して許せない」

安倍元総理大臣が銃撃されたことを受けて、岸田総理大臣は記者団に対し「民主主義の根幹である選挙が行われている中で起きた卑劣な蛮行であり、決して許すことはできない」と強く非難し、閣僚を招集して対応を協議する考えを示しました。

岸田総理大臣は、遊説先の山形県から東京に戻ったあと、午後3時前に総理大臣官邸で記者団の取材に応じました。

この中で、岸田総理大臣は「本日昼前、奈良県で安倍晋三元総理大臣が銃撃され、現在、深刻な状況にあると聞いている。今、懸命の救急措置が行われていると承知している。まずは安倍元総理大臣が何とか一命をとりとめていただくよう心から祈りたい」と述べました。

そのうえで「今回の犯行の背景はまだ十分把握できてはいないが、民主主義の根幹である選挙が行われている中で起きた卑劣な蛮行であり、決して許すことはできない。最大限の厳しいことばで非難する」と述べました。

また、記者団が、今後の政局に与える影響について質問したのに対し「今、懸命の救急、救命措置が行われている最中なので、今後の政局に与える影響などは今触れるべきではないと思うし、私自身もそうしたことを考えていない」と述べました。

そのうえで「まずは現実の厳しい状況に対して救命措置などがしっかりと行われること、また政府としてあらゆる事態に対応できる万全の措置を用意することが大事だ」と述べました。

そして「この後、閣僚をすべて帰京させて集め、今回の事態についての認識と政府としての対応を共有し確認したい。今後の選挙などの日程は今、何も決まっていない。今後の事態をしっかり把握したうえで、適切に対応していかなければならない」と述べました。

さらに「今回の犯行について、犯人像、あるいは背景について、まだ十分に把握できていない。今後、警察の捜査などをしっかりと確認しなければならない。背景をしっかり確認することも大変重要だと認識している」と述べました。