小田急“車内で暴れる客”で停車 けが人情報なし 運転見合わせ

小田急電鉄によりますと、午後1時半ごろ、江ノ島線の相模原市内にある相模大野駅と東林間駅の間を走っていた電車内で複数か所の非常通報ボタンが押され「車内で暴れている客がいる」とか「騒いでいる客がいる」といった連絡が入ったということです。

このため電車を停車させ、希望する乗客を車両から降ろしたということです。

また、警察は該当する乗客から事情を聴いているということです。

消防や小田急電鉄によりますと、今のところけが人の情報は入っていません。

この影響で、小田急線は午後1時半ごろから
▽小田原線
▽多摩線
▽江ノ島線の
全線で運転を見合わせています。

小田急電鉄では去年、車内で切りつけ事件があったことから、複数の非常通報ボタンが押された場合は車両を停車させるよう、運用を変えているということです。