スリランカ大統領 ロシア プーチン大統領に燃料輸入で支援要請

インド洋の島国、スリランカのラジャパクサ大統領は6日、深刻な経済危機を乗り切るため、ロシアのプーチン大統領に燃料を輸入するための支援を要請したことを明らかにしました。

スリランカは、過大なインフラ整備で膨らんだ借金の返済で外貨が不足して経済が危機的な状況に陥り、ことし4月、大手格付け会社「S&Pグローバル・レーティング」は、外貨建ての国債が部分的なデフォルト=債務不履行に陥ったと認定しました。

国内では燃料など輸入に頼ってきた物資の不足が深刻化し、先月下旬からは、都市部ではすべての学校が休校となっているほか、政府機関の職員は在宅勤務となるなど、影響が広がっています。

こうした中、スリランカのラジャパクサ大統領は6日、みずからのツイッターに「ロシアのプーチン大統領と非常に生産的な話し合いをした。これまでのすべての支援に感謝するとともに、現在の困難な経済状況を打ち負かすため、スリランカに燃料を輸入するための支援を求めた」と投稿しました。

また話し合いでは、現在停止しているロシアの旅客便の運航についても再開を求めたとしています。

スリランカ政府は、IMF=国際通貨基金のほか、つながりの深い隣国のインドや中国、それに日本などにも支援を求めています。