欧州議会 原発と天然ガス 新基準に含める 脱炭素と脱ロシアで

持続可能な経済活動かどうかを示すEU=ヨーロッパ連合のタクソノミーと呼ばれる新基準。6日、ヨーロッパ議会は原子力と天然ガスによる発電を新基準に含めることを承認しました。脱炭素に向けて原発や天然ガス火力に投資を呼び込む狙いです。

EUの執行機関であるヨーロッパ委員会はことし2月、原子力と天然ガスによる発電を一定の条件のもとで脱炭素に役立つ持続可能なエネルギーとして「EUタクソノミー」と呼ばれる新たな基準に含める方針を示しました。

しかし、脱原発を進めるドイツ政府や環境団体などからは反対や批判の声が相次ぎ、ヨーロッパ議会にはこの方針を否決するよう求める動議が提出されていました。

ヨーロッパ議会は、6日、採決を行い、原子力と天然ガスによる発電を新基準に含めることを承認しました。

来年1月から「EUタクソノミー」が適用される見通しです。

ヨーロッパでは、ウクライナ情勢が緊迫化したことなどでロシアからのパイプラインを通じた天然ガスの価格が高騰しています。

脱炭素と「脱ロシア」を同時に進めるためには原発や、新たなLNG=液化天然ガスの基地建設などへの投資が必要だとの声があがっています。

ヨーロッパとしては新たな基準で世界からこの分野に投資を呼び込む狙いです。