富山えごまPR大使「えごま伝道師」にパークマンサーさん任命

富山市が特産化を目指している「富山えごま」をPRする「えごま伝道師」の任命式が、6日に市役所で行われました。

「富山えごま」は、市内の温泉の熱を利用して栽培されていて、平成30年からは市がブランド化をしてPRを進めています。

6日に市役所でPR大使の「えごま伝道師」の任命式が行われ、富山県出身のタレント、パークマンサーさんに、藤井裕久市長から任命書や伝道師の名刺などが手渡されました。

藤井市長は「富山えごまは健康にとてもいいものなので、地元の人も巻き込みながら、ぜひ広めてもらいたいです」と話しました。

パークマンサーさんは、タレント活動とともに富山市内で農業を行っていて、えごまの栽培も経験があるということで「ヒット商品を作って、伝道師として富山えごまを全国に広げていきたいです」と話していました。

パークマンサーさんはSNSのフォロワーがおよそ50万人いるということで、今後もえごま栽培の様子などを発信してPRを行っていくということです。

パークマンサーさんは「お刺身に、えごま油としてかけて食べるのもおいしいですし、健康にもいいです。富山えごまの魅力を全国に広めていきたい」と話していました。