愛知県警の捜査車両から「AirTag」捜査の動き把握する目的か

愛知県の豊田警察署の駐車場に止めていた捜査車両に、位置情報を確認できるアップルの小型の機器「AirTag」が取り付けられているのが見つかり、警察は何者かが捜査の動きを把握しようとした可能性もあるとみて調べています。

捜査関係者によりますとことし5月、愛知県の豊田警察署の駐車場に止めてあった捜査車両1台に、アップルの位置情報を確認できる機器「AirTag」が取り付けられているのを、車に乗り込もうとした捜査員が見つけました。

捜査車両は主に違法薬物や暴力団の事件を担当する捜査員が使っていた車で、磁石で取り付けるタイプのプラスチック製の箱の中に入った状態で、後部のマフラー部分に取り付けられていたということです。

「AirTag」は所持品などの紛失を防止するための五百円玉ほどの大きさの機器で、スマートフォンと連携し位置情報が地図上に表示される仕組みになっています。

捜査車両は、警察署を訪れた一般の人たちも利用できる駐車場に止めてあったということで、これまでのところこの1台以外の車からは見つかっていないということです。

警察は何者かが捜査の動きを把握しようとした可能性もあるとみて調べています。

アップルのホームページによりますと、「AirTag」がストーカーなどの目的で悪用されるのを防ぐため、他人の「AirTag」が一定時間以上近くにある場合、iPhoneが検知して知らせてくれる機能もあるということです。