中国海軍 ロシア海軍の艦艇 尖閣諸島沖の接続水域を航行

防衛省は、中国海軍の艦艇1隻が4日朝、沖縄県の尖閣諸島沖の、日本の領海のすぐ外側にある接続水域に入ったと発表しました。また、ロシア海軍の艦艇1隻も4日朝、尖閣諸島沖の接続水域を航行したのが確認されたということで、防衛省は、それぞれの航行の目的を分析するとともに監視を続けています。

防衛省によりますと、4日朝7時44分ごろ、中国海軍のフリゲート艦1隻が尖閣諸島の魚釣島の南西の接続水域に入ったのを海上自衛隊の護衛艦が確認しました。

護衛艦はフリゲート艦に対し日本の領海に近づいていることを伝え、フリゲート艦は、およそ6分後に接続水域を出たということです。

中国海軍の艦艇が尖閣諸島沖の接続水域に入ったのが確認されたのは、4年前の2018年6月に病院船が航行した時以来で、これが4回目です。

防衛省によりますと、政府は外交ルートを通じて中国側に抗議し再発防止を求めたということです。

また、防衛省によりますと、中国海軍の艦艇に先立って、ロシア海軍のフリゲート艦1隻も4日朝7時すぎ、尖閣諸島沖の接続水域に入り、1時間余りにわたって接続水域を航行したということです。

軍艦による接続水域の航行は国際法上問題はありませんが、防衛省はそれぞれの艦艇の航行の目的を分析するとともに監視を続けています。

木原官房副長官「中国側に重大な懸念表明し抗議」

中国海軍の艦艇1隻が4日朝、沖縄県の尖閣諸島沖の日本の領海のすぐ外側にある接続水域に入り、政府は、外交ルートを通じて中国側に抗議しました。

これは、木原官房副長官が記者会見で明らかにしました。

それによりますと、中国海軍の艦艇1隻が4日午前7時44分ごろ、尖閣諸島魚釣島南西の接続水域に入り、およそ6分後に接続水域から出ました。

日本の領海への侵入は確認されなかったということです。

中国海軍の艦艇が尖閣諸島の接続水域に入ったのは平成28年6月と、平成30年の1月と6月に続き、4回目です。

これを踏まえ政府は、外交ルートを通じて中国側に重大な懸念を表明して抗議したうえで、再発防止を求めました。

木原官房副長官は「尖閣諸島は歴史的にも国際法上もわが国固有の領土で、政府としては、わが国の領土、領海、領空を断固として守り抜く考えのもと、毅然(きぜん)かつ冷静に対処していく」と述べました。

外務省 中国大使に抗議し再発防止求める

中国海軍の艦艇の動向を受けて、外務省の山田外務審議官は、中国の孔鉉佑駐日大使に対し、電話で重大な懸念を表明し抗議したうえで再発防止を求めました。

外務省によりますと、中国側は従来からの独自の主張を述べたということです。

中国外務省「活動は正当かつ合法的」

中国外務省の趙立堅報道官は4日の記者会見で、沖縄県の尖閣諸島について「中国固有の領土だ」と中国側の従来の立場を主張したうえで「中国の艦艇の付近の海域での活動は正当かつ合法的であり、日本がとやかく言う権利はない」と反発しました。

中国海軍の艦艇 これまでに3回接続水域に

中国海軍の艦艇が尖閣諸島沖の接続水域に入ったケースはこれまでに3回あります。

最初のケースは6年前の2016年6月で、中国海軍のフリゲート艦1隻が尖閣諸島の久場島の北東で、接続水域に入り2時間余りにわたって接続水域を航行しました。

この時は、同じ頃にロシア海軍の艦艇3隻も尖閣諸島周辺の接続水域を航行したのが確認されています。

2回目は2018年1月です。
沖縄県の宮古島や尖閣諸島の大正島の沖合で、中国海軍の潜水艦が浮上しないまま接続水域を航行したのが確認されました。

また同じ頃、中国海軍のフリゲート艦1隻も、大正島沖の接続水域を航行しました。

3回目は2018年6月で、中国海軍の病院船1隻が大正島沖の接続水域を、縁をかすめるようにおよそ1時間、航行しました。