自前の恐竜着ぐるみ持ち込み 130人がビーチを疾走 青森

恐竜の着ぐるみを着た人たちがビーチを走って順位を競うイベントが、青森市で行われました。

このイベントは、地域の活性を図ろうと「ティラノサウルスレースあさむし実行委員会」が開き、全国からおよそ130人が自前の恐竜の着ぐるみを持ち込んで参加しました。

レースは、
▽小学生以下の幼獣の部、
▽中学生から30代までの成獣ヤングの部、
▽40代以上の成獣シニアの部に分かれて行われました。

砂に足をとられてつまずいてしまう人や激しいトップ争いが見られ、集まった人たちから拍手が送られていました。

成獣ヤングの部の予選の組の中で1位だった10代の女性は「1位を取ることができてとてもうれしいです。ベストを尽くすことができてよかったです」と話していました。

イベントを主催した実行委員会の葛西絵美さんは「コロナでたくさんのイベントが中止になった中で、なにか楽しいことができないかと思い、この企画を作りました。想像以上に多くの人が来てくれて感謝の気持ちでいっぱいです」と話していました。