西・東日本 広範囲で厳しい暑さ続く 熱中症に警戒を

3日も西日本や東日本の広い範囲で真夏日となり北日本では2日より気温があがるところもある見込みです。こまめに水分を補給するなど熱中症への警戒を続けて下さい。

3日は西日本や東日本では雨や曇りとなって2日より暑さが和らいでいるところもありますが気温の高い状態は続き北日本では晴れて2日より気温が上がるところもある見込みです。

午前11時半までの最高気温は栃木県佐野市で36.2度、茨城県筑西市西石田で35.1度、千葉県の成田空港で35度とすでに35度以上の猛暑日となっているほか、群馬県桐生市で34.9度、福島県伊達市で34.8度、東京の都心で33.2度など厳しい暑さとなっています。

KDDIの通信障害の影響で一部観測データが入っていないため、ほかの場所でも猛暑日となっている可能性があります。

日中の最高気温は岩手県一関市で37度、福島市で36度、宇都宮市や山形県の米沢市で35度など猛暑日が予想されているほか、仙台市で34度など、広い範囲で真夏日になる見込みです。

こまめに水分を補給する、冷房を適切に使用する、屋外で会話が少ない場面などではマスクを外して休憩するなど、熱中症への警戒を続けて下さい。