参議院選挙 候補者アンケート “選択的夫婦別姓”導入の賛否は

参議院選挙の候補者に行ったNHKのアンケートで選択的夫婦別姓の制度の導入への賛否について聞いたところ、賛成が62%、反対が29%となりました。

今回の参議院選挙では多様性を認め合う社会の構築に向けて、各党とも公約にジェンダー平等への取り組みなどを盛り込んでいます。

NHKが参議院選挙の候補者に行ったアンケートで、選択的夫婦別姓制度の導入への賛否を「どちらかといえば」も含めて4段階で聞きました。

「賛成」が53%、
「どちらかといえば賛成」が9%、
「どちらかといえば反対」が8%、
「反対」が21%でした。

政党別に回答の平均値をもとに比べてみますと、公明党、共産党、れいわ新選組、社民党は全員が「賛成」と答えました。

次いで、立憲民主党、日本維新の会、国民民主党、NHK党の順に「賛成」の度合いが高くなっています。

一方、自民党は「回答しない」が40%を占めました。

同性婚を法律で認めることの賛否

同性婚を法律で認めることの賛否を「どちらかといえば」も含めて4段階で聞いたところ、
「賛成」が47%、
「どちらかといえば賛成」が12%、
「どちらかといえば反対」が7%、
「反対」が19%でした。
政党別に回答の平均値をもとに比べてみますと、共産党、れいわ新選組、社民党は全員が「賛成」と答えました。

次いで、立憲民主党、日本維新の会、国民民主党、公明党、NHK党の順に「賛成」の度合いが高くなっています。

一方、自民党は「回答しない」が46%を占めました。

「クオータ制」の導入の賛否

候補者や議席の一定割合を女性に割り当てる「クオータ制」の導入の賛否を「どちらかといえば」も含めて4段階で聞きました。

「賛成」が34%、
「どちらかといえば賛成」が14%、
「どちらかといえば反対」18%、
「反対」が24%でした。
政党別に回答の平均値をもとに比べてみますと、れいわ新選組は全員が「賛成」と答えました。

次いで、共産党、社民党、立憲民主党、国民民主党の順に「賛成」の度合いが高くなっています。

これに対して日本維新の会と、NHK党は「反対」に傾いています。

一方、自民党は34%が「回答しない」と答え、公明党も42%を占めました。