サッカーJ1 首位の横浜F・マリノスが5連勝

サッカーJ1は第19節の9試合が行われ、首位の横浜F・マリノスが5点を奪って清水エスパルスに勝ち、連勝を5に伸ばしました。

F・マリノスはレオ・セアラ選手が3得点をあげるハットトリックの活躍などでエスパルスに5対3で勝ち、5連勝で勝ち点を40としました。

▽2位の鹿島アントラーズは柏レイソルとの上位対決に2対1で競り勝ち、勝ち点は37です。

▽3位の川崎フロンターレはセレッソ大阪に1対2で逆転負けを喫し、首位F・マリノスとの勝ち点の差は6に広がりました。

▽監督が交代した最下位のヴィッセル神戸はサガン鳥栖と対戦し、武藤嘉紀選手の2得点で2対0で勝ちました。

▽サンフレッチェ広島対ジュビロ磐田は、サンフレッチェが3対0で快勝しました。

▽京都サンガ対北海道コンサドーレ札幌は、サンガが2対1で勝ちました。

▽FC東京対アビスパ福岡は2対2、ガンバ大阪対浦和レッズは1対1、湘南ベルマーレ対名古屋グランパスは0対0でいずれも引き分けました。