台風4号 沖縄本島と奄美地方に最接近 高波や土砂災害に警戒を

台風4号は沖縄本島地方と鹿児島県の奄美地方に最も接近していて、気象庁は高波や土砂災害に警戒するとともに、強風などにも十分注意するよう呼びかけています。

気象庁の観測によりますと、台風4号は2日午後9時には那覇市の東北東40キロの海上を1時間に25キロの速さで北西へ進んでいます。

中心の気圧は994ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は23メートル、最大瞬間風速は35メートルで、中心の東側440キロ以内と西側220キロ以内では風速15メートル以上の強い風が吹いています。

台風は2日午後11時ごろ沖縄本島付近を通過し、沖縄本島地方と鹿児島県の奄美地方に最も接近していて、その後は東シナ海を北上し、4日以降、九州に接近するおそれがあります。

沖縄県や鹿児島県、それに奄美地方では3日にかけて激しい雨が降り、特に沖縄本島地方では3日未明から朝にかけて1時間に70ミリの非常に激しい雨が降るおそれがあります。

3日夕方までの24時間に降る雨の量はいずれも多いところで、
沖縄本島地方で200ミリ、
鹿児島県で120ミリ、
奄美地方で100ミリと予想されています。

風も強まり、3日にかけての最大瞬間風速は沖縄本島地方と奄美地方で35メートルと予想されています。

台風の発達の程度によっては暴風になるおそれがあります。

海上はうねりを伴って波が高く、沖縄本島地方と奄美地方で6メートルの大しけが予想されています。

気象庁はうねりを伴った高波や土砂災害に警戒するとともに、強風や低い土地の浸水、川の増水、落雷や突風にも十分注意するよう呼びかけています。