【気象予報士解説】あさってにかけて危険な暑さ続く

7月1日も各地で危険な暑さとなり、最高気温が40度以上に達した地点が群馬県や埼玉県、岐阜県など6か所にのぼって、観測史上、最も多くなりました。

暑さの今後の見通しと熱中症予防のポイントについて、塩見泰子 気象予報士の解説です。

(動画は1分14秒。データ放送ではご覧になれません)