ダイドードリンコ コーヒーなど68品目 10月から値上げへ

大手飲料メーカーのダイドードリンコは、ことし10月からペットボトル入りを中心にコーヒーなど68品目を値上げすることを明らかにしました。
コーヒー豆などの原材料価格や輸送コストが上昇しているためで、値上げ幅は最大で25%になるとしています。

発表によりますと、ダイドードリンコは、ことし10月の納品分からペットボトル入りを中心にコーヒーや緑茶など68品目を値上げします。

値上げ幅はメーカーの希望小売価格で9%から25%になるとしていて、主力商品のコーヒーで「ダイドーブレンド微糖 世界一のバリスタ監修」は、今の130円から150円に引き上げます。

値上げは消費税率の引き上げを除けば、1975年の創業以来初めてだということで、値上げの理由について会社では「コーヒー豆などの原材料価格の高騰に加えて、急速な円安の影響であらゆるコストが著しく上昇している。こうしたコストの上昇は今後も続くと想定しており、企業努力だけで吸収することは困難な状況だ」と説明しています。

一方、缶コーヒーについては今回はほとんどの商品の価格を据え置くとしています。