7月1日も猛烈な暑さ続く見込み 名古屋で40度予想も 厳重警戒を

30日も東日本や西日本を中心に猛暑日となり、関東や東海では最高気温が40度近くに達する危険な暑さとなりました。

7月1日も名古屋市で40度と予想されるなど各地で猛烈な暑さが続く見込みで、外出をなるべく避け、こまめに水分や塩分を補給するなど熱中症への厳重な警戒を続けてください。

気象庁によりますと、30日も西日本や東日本を中心に晴れて気温が上がり、日中の最高気温は、
▽埼玉県鳩山町で39.9度、
▽埼玉県寄居町で39.8度、
▽群馬県伊勢崎市で39.7度、
▽静岡県の浜松市船明と岐阜県多治見市で39.4度、
▽愛知県豊田市で39.3度などと
関東や東海で40度近い危険な暑さとなりました。

また、
▽名古屋市で37.9度、
▽京都市で37.2度、
▽福島県広野町で36.5度、
▽岡山市で36.2度、
▽熊本市で35.7度などと、
気象庁の178の観測地点で猛暑日となりました。

東京の都心では36.4度と、6月としては観測を始めてから最も高くなったほか、全国の観測地点の3分の1近く(293地点)でことし最も高くなりました。
7月1日の朝にかけても、関東や東海を中心に気温が25度を下回らない熱帯夜が予想されているほか、日中も気温が上がり危険な暑さとなる見込みです。

1日の最高気温は
▽名古屋市で40度、
▽岐阜市や埼玉県熊谷市で39度、
▽前橋市や京都市、熊本市で38度、
▽大阪市や甲府市、さいたま市で37度、
▽東京の都心や鳥取市、高松市で36度などと予想され、
関東甲信から九州南部にかけて「熱中症警戒アラート」が発表されています。

夜の時間帯も熱中症の危険性があるため、寝る際は枕元に「常温」の水を置いてこまめに水分を補給するほか、我慢せずにエアコンを使用することが重要です。

また、熱中症で搬送される人が急増し、高齢者などが熱中症の疑いで死亡するケースが相次いでいます。

日中は外出をなるべく避け、屋内では冷房を適切に使用するよう離れて住む家族や周囲の人が声をかけるようにしてください。