JERA 姉崎火力発電所5号機 運転再開も出力は半分程度に

東京電力が出資し、東京電力管内に向けて電力を供給する火力発電事業者、JERAの姉崎火力発電所5号機は、30日朝から運転再開の準備を進めていましたが、設備のトラブルがあり、再稼働は午前11時前にずれ込みました。

火力発電所は運転開始から徐々に出力を上げていく必要があるため、最も電力需給が厳しい30日夕方の時間帯には、最大出力60万キロワットの半分程度で稼働する予定だということです。

姉崎火力発電所5号機は、運転開始から45年がたち、老朽化が進んだためにことし3月から運転を停止していましたが、この夏の電力供給を増強するための対策として当初は7月1日に運転再開する予定でしたが、一日前倒ししました。