東京都内 熱中症の疑いで83人搬送 (29日午後3時)

東京消防庁によりますと、都内では29日午後3時までに熱中症の疑いで12歳から100歳までの男女83人が病院に搬送されました。

このうち、80代の2人が重篤だということです。

また、
▽2人が重症、
▽36人が中等症、
▽43人が軽症となっています。

警視庁や東京都監察医務院によりますと、27日には東京 文京区のアパートの1室でこの部屋に住む70代の男性が倒れているのが見つかり、搬送先の病院で死亡しました。

その後、死因は熱中症の疑いだったことが分かったということです。

27日の東京都心の最高気温は35.7度でした。

30日以降も厳しい暑さが続く見込みで、東京消防庁などはがまんせずに冷房を使用し、のどが渇く前にこまめに水分を補給するほか、屋外で人と2メートル以上距離が確保できる場合は、マスクを外すなどして対策をとるよう呼びかけています。