東北地方南部が梅雨明け 各地で気温が上がる 熱中症に厳重警戒

29日も西日本から東北にかけて晴れて気温が上がり、東北南部では梅雨明けが発表されました。このまま確定すれば過去最も早い梅雨明けとなります。

午前中から気温が35度以上の猛暑日となっていて、外出はなるべく避け、こまめに水分を補給するなど、熱中症に厳重に警戒してください。

29日も九州から東北にかけて広く高気圧に覆われ、晴れて午前中から厳しい暑さとなっています。

気象庁は29日午前11時「東北南部が梅雨明けしたとみられる」と発表しました。

気象庁によりますと、このまま確定すれば統計を取り始めた昭和26年以降、過去最も早い梅雨明けとなります。

東北南部の梅雨明けは平年より25日、去年より17日いずれも早く、梅雨の期間は14日間で過去最も短くなります。

これで東北北部と、梅雨のない北海道を除く地域で梅雨明けしたことになります。

29日も各地で気温が上がり、午前11時半までの最高気温は
▽埼玉県鳩山町で37.3度、
▽富山市で37.2度、
▽前橋市で37.1度
などと猛暑日となっているところがあります。

このほか、
▽愛知県豊田市で35.6度、
▽鳥取県米子市で35.4度、
▽東京の都心で34.6度
などと厳しい暑さとなっています。

このあとも気温が上がり、日中の最高気温は
▽前橋市で40度、
▽埼玉県熊谷市と秩父市、それに甲府市で39度、
▽宇都宮市や長野県松本市、兵庫県豊岡市で38度、
▽水戸市や富山市、鳥取県米子市で37度
▽大分県日田市、京都市、名古屋市、東京の都心で36度
などと各地で猛烈な暑さが予想されています。

熱中症警戒アラートも関東甲信から沖縄にかけて発表されています。
梅雨明け直後は多くの人が暑さに慣れていないため、熱中症のリスクが高くなり、病院に運ばれた人の数も急増しています。

引き続き熱中症に厳重に警戒し
▽外出はなるべく避ける、
▽こまめに水分を補給する、
▽我慢せず冷房を適切に使用する、
▽屋外で会話が少ない場面などではマスクを外すなど、対策をとってください。

ことしもすでに高齢者などが熱中症の疑いで死亡するケースが確認されています。

屋内では適切に冷房を使用するよう、離れて住む家族の方や周囲の人が声をかけるようにしてください。