米議会公聴会 前大統領 参加者の武器所持知りながら呼びかけた

去年、アメリカの連邦議会にトランプ前大統領の支持者らが乱入した事件をめぐる議会の公聴会で、当時のホワイトハウスの関係者は、トランプ氏が事件の直前に近くで行われた自身の集会の参加者が武器を所持していたことを知りながら、議会に向かうよう呼びかけたと証言しました。

去年1月のアメリカ連邦議会への乱入事件をめぐって、議会下院は28日、今月6回目となる公聴会を開き、大統領首席補佐官の側近だったハッチンソン氏が証言しました。

トランプ氏は、乱入事件の直前にホワイトハウス近くで開いた大規模な集会で、参加者に議会に向かうよう呼びかけていますが、ハッチンソン氏は、この集会でトランプ氏は、観客の中に銃などで武装している人がいると知らされていたにもかかわらず、多くの人を入れるために、会場の金属探知機を撤去するよう指示したと証言しました。

そのうえでトランプ氏は、「武器を持っていてもかまわない。彼らは私を傷つけることはない」と述べ、議会に向かうよう呼びかけたとしています。

また、ハッチンソン氏は集会の後、大統領専用車に乗り込んだトランプ氏が議会に向かうよう指示したものの、シークレットサービスから安全を理由に行けないと伝えられると激怒し、後部座席から身を乗り出してハンドルをつかもうとしたと証言しました。

こうした証言について、トランプ氏はSNS上で「フェークで吐き気がする」としたうえで、公聴会は双方の言い分に耳を傾けていないと非難しました。