【動画】広範囲で「火球」を観測 爆発するような音も

29日未明、火球と呼ばれるひときわ明るい流れ星が関東や関西などの広い範囲で観測されました。

29日午前2時48分ごろ、群馬県や奈良県、それに関西空港など、各地に設置されたNHKのロボットカメラが、流れ星の中でもひときわ明るい光を放つ火球をとらえました。

同じ時間帯に、SNS上でも神奈川県に住む人からと思われる「爆発音がした」といった投稿が相次いだほか、各地で火球の目撃情報が相次いで投稿されました。

流星を観測する専門家で、平塚市博物館の学芸員の藤井大地さんが平塚市内の自宅に設置した無人カメラにも同じ時刻に上空を流れる火球が映っていて、数分遅れて衝撃波による爆発するような音が聞こえたということです。

藤井さんによりますと、衝撃波をともなう火球が観測されるのは、関東地方ではおととし千葉県に隕石(いんせき)が落下したときに報告されて以来だということです。

藤井さんは「今回観測された火球は軌道からみて関東平野の方向に向かって流れたとみられ、衝撃波による爆発したような音が聞こえたことから地表近くまで落ちたか隕石として落下した可能性もある」と話しています。